夏休みの自由研究!コマ作り

工作

夏休みと言えば自由研究!
だけどなににしようかなって悩んでいる人もいるはず!

以前の記事でお家で遊べる工作や玩具の紹介をしたのでそちらも参考にしていただければなとも思います。⇓⇓

夏休みに子どもと遊べる工作10選

なぜコマ作りなのか

今回なぜコマ作りかというと、単純に簡単でバリエーション豊富に展開できるからです!

しかも材料費も安いですし、家にあるもので作れます。

今回は低学年の子でも発展の仕方も親が少しヒントを与えてあげるだけで
出来ると思いますので親子で挑戦してみてください

材料とつくり方

今回は一番シンプルなコマの材料と作り方を紹介します。

この後の記事で発展させていくので材料が変わってくると思います。

材料

  • つまようじ1本
  • 牛乳パック開いたもの1枚
  • ボンド
  • 油性マジック
  • コンパス

作り方

  1. コンパスで牛乳パックに円を描いていきます。(平面に収まるように書いてください)
  2. 円の中心をキリなどで少し穴をあけていきつまようじが通るぐらいにしてください。(大きく開けると後で止めにくくなるので小さい穴にしておきましょう)
  3. 切る前に油性マジックで好きなように塗って下さい。
    (ここで様々な模様の書き方で発展させていきます)
  4. 塗り終わったら切っていきます
    *手を切らないように気を付けましょう
  5. 切った牛乳パックにつまようじを刺したらボンドでつまようじを止める
    半日~1日乾かせばきちんと止まると思います。

研究ポイント

上記で作ったものがきちんと回れば次は研究していきましょう。
研究と言っても小学生の考えられる範囲で大丈夫です。

素材を変える

まずは軸のつまようじはそのままで回るボディー部分の素材を変えてみましょう。

お店で探すのもいいですが、最初は家にあるもので試してみましょう。
薄い段ボールや画用紙です。
薄すぎるなら何枚か重ねてのりやボンドで止めても面白いと思います。

その他にも色んな素材を子どもたちと探してみましょう。
各家庭で家にあるものが違うので面白いと思います。

次につまようじの部分を変えるのもいいと思います。
どんなものがつかえるか探してみてください。
勿論つまようじを変えずに沢山コマを作るのもいいと思います。

形を変える

これはちょっと難しいかもしれませんが、回らなかったといって失敗=捨てるではありません。それも研究の成果です。

例えば星形などは中心が難しいと思います。

そこは子どもたちと挑戦してみてください。

色や模様を変える

これまでに沢山のコマが作れたと思います。

それぞれに色や模様をつけていきましょう。

二色のみ、三色のみ…など制限をかけてあげてもいいかもしれませんが出来そうであれば自分たちで考えられるように促してあげてみてください。

考えて塗っていくと思います。

ここは基本的には親は子どもに任せてもいいと思います。

ぐちゃぐちゃに塗ればどうなるかも一つの実験です。

親の注意事項

ここでは「低学年向け」としているのである程度、親の助言が必要なところも出てきますが、基本的には子ども自身に考えさせましょう。


「自分で考える」というのがとても大切だからです。


親が助言すれば親は簡単にこのコマ作りが終わりますし、沢山実験もできます。
それでは自由研究の意味がありませんし、子どもを成長させたいと思っている親も多いと思いますので

助言は少なく、最小限に!

さりげなくヒントになるものを近くにおいて置くなんて言うのも面白いですね。
グッと堪えながら見守りましょう。

まとめ

今回は平たいコマを中心にご紹介しましたが、どんぐりコマや細い段ボールを巻いたものなど調べれば沢山出てきます。

大まかなジャンルを決めてあげてその中から発展すれば形も変わってくるでしょうし、一つの形を追求する子もいるでしょう。
その研究する姿から親も子どもの新しい一面も見えてくるのではないでしょうか?

もう一度言いますが、親の助言は少なく、最小限に!

子どもの成長を見守るには親がどれだけ忍耐強くいられるかではないかと日々私も感じています。
今日も1日お疲れさまでした。
皆さんの夏休みのお役に立てればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました