ママ友との上手な付き合い方

子育て

ママ友の付き合い方って悩みますよね?

学生の頃のように友達と例え不仲になってしまっても影響があるのは自分だけでしたよね?
誰にも迷惑は掛からなかったと思います。

ですが、ママ友は違います。

どのように付き合っていけばいいのか?

間にはわが子がいてママ友との関係次第ではもしかしたらわが子の交友関係まで悪くなってしまうのではないかなどの不安があると思います。
メリットもありますがデメリット(主にトラブル)もあります。
今回はそんなお悩みを解消するべく記事を書いていこうと思います。

ママ友との関係の重要性

クラスの様子や子どもの友達関係の情報交換などが出来るというメリットがあります。
子どもからだけの情報だと低学年ほど曖昧なのでママ友からの情報はとても有益です。

ママ友同士の関係が良ければ子育ての不安なども話せるでしょうし、悩みを打ち明けられれば心も穏やかになれると思います。

共通の話題を見つける

子どもを通しての共通の話題があるとスムーズに会話が出来るようになります。

例えばですが習い事が一緒やクラスが同じでクラスの様子についてなど向こうも会話や話題に困っていたりする場合は学校の様子などを中心に話していくとそのうち違う話にも発展したりします。

プライベートな境界線を尊重する

楽しいママ友が出来ている人に陥りやすいのがプライベートの境界線が無くなることだと思います。

私はこれを結構重要視していて、ママ友以外もそうですが、何をするにも同じママ友ばかりとくっついて行動するのはあまりよくないと思います。

勿論「子どもについていくとそうなる」は別ですが

少し遠出をしたり旅行に行ったりなど毎度一緒に行くことはないと思います。

きちんと家族で過ごす時間も必要ですし、自分のプライベートな時間も作る方がいいと思います。

ここがあまりにも濃いと後々しんどくなった時に断りづらかったりするので最初からある程度の距離が保たれていれば相手も踏み込んでくることはあまりないと思います。

ママ友以外の友人などにも会う

ママ友との交流は大切ですが、自分の時間や他の友人との付き合いも大切にしましょう。

ママ友ばかりになるとバランスが保てなくなります。そこをバランスよく付き合うことでストレスを軽くし、友人からママ友との付き合い方や子育ての悩みなどの情報交換ができます。

感謝と気配りの大切さ

ちょっとした言葉でよいのですがこれをするのとしないとでは今後の関わり方が変わってくるほど重要だと思っています。

お礼の連絡

 ママ友が何か親切なことをしてくれたとき、電話やメールなどで直接お礼を言うことで感謝の意を示すことができます。

今の時代ならラインで連絡先を交換しているでしょうから一言お礼の文章を送っておくと相手に好印象を与えられると思います。出来るだけ早く送る方が良いと思います。

相手が悩みを抱えている場合、聞いて共感やアドバイスをする

自分の感じたことを素直に伝えることで何か相手のヒントになったりします。
意外に自分と同じ悩みだったり、話し合っている中でお互いにいいアドバイスや気づきが生まれると思います。

相手が忙しいときや困っているとき、手助けをする

学校のお迎えや習い事が一緒ならば一緒に帰ったりなどちょっとしたことですが手助けしてもらえるととても助かります。

ただし気心知れたママ友ならではなのできちんと選ぶようにしましょう。

トラブルの予防と解決策についてアドバイス

トラブルが起こるとその程度や状況で対応は変わりますので提案という感じでお伝え出来たらなと思います。

適切な距離を保つ

適切な距離を保つように心がければそもそものトラブルにはならないと思います。

相手に深入りしたときにトラブルは起こりやすいのかなと思います。

感情をコントロールする

そうはいっても変なママ友はいます。

理不尽だったり、相手の気持ちを考えず、自分の意見を言ってくる人様々だと思います。
イラっとすることもありますし、その一言が結構自分にとっては関わりたくないと思える一言の場合もあります。

でも子どものためと思い、一回冷静に対応しましょう。

そうすることでトラブルを最小限に抑えることが出来ると思います。
そして、自分的に嫌な一言だったりした場合はそのママ友と少しづつ距離をおきましょう。

いきなり置くのは怖いので…

第三者の仲介

トラブルが深刻な場合、信頼できる第三者(担任の先生など)を巻き込んで解決を試みることが有効です。

こうなるとかなり深刻ですが…

反省と改善

相手ばかりが悪いわけではありませんトラブルの原因を冷静に分析して自分自身の行動を振り返り、落ち度はなかったか、あの対応でよかったのかなどを考察することは今後の関係に活かす上で大切です。

まとめ

今回はママ友との上手な付き合い方にフォーカスしてお伝えしました。
項目ごとにシンプルにお伝えしたと思うので頭にも入りやすかったのかなと思います。

しかし世の中には色んなママ友がいます。

上手い事距離を程よく保って人間関係を築ける人ばかりではありませんが、上記のことを少しでも頭に入れて接するようにすればよいママ友にもきっと巡り合えると思います。

子どもが小学生の間はママ友との付き合いが6年間割と濃いのでしんどいですが、子どもが中学生、高校生に成長すればママ友との関係も薄くなっていきます。高校生になってママ友を新たに作ろうとする人は少ないのではないでしょうか?

とはいえ、子どもが毎日楽しく学校にいってくれることが一番なので親も頑張らないとですね!

ではここで自分を褒めましょう!

ママ友と付き合っている自分凄い!」「えらい」です!

それではここまで記事を読んでくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました