お家で簡単!色水遊び

工作

毎日育児や家事お疲れ様です。

今日は色水遊びについて発展や遊び方などについて提案させていただきたいと思います!

よろしければ最後まで見ていってください。

色水遊びとは?

絵の具や食紅を水で薄めて、色同士を混ぜ合わせて様々な色を作り出す遊びです。

色彩感覚を養えたり、色を微調整するとこで指先の発達にも繋がります。

そして、この後にご紹介する“発展”のところで想像力も鍛えられます。

色水の材料

  • ペットボトルの空き容器(500㎖を三本用意できれば使いやすいと思います)
  • プリンカップ、卵のパック、プラスチックのコップなど色水を入れる容器
  • (透明の方が色を混ぜ合わせたときに見やすいですよ)
  • スプーンや割りばしなどかき混ぜる物
  • 汚れてもよい服
  • 必要であればビニールシートや新聞紙などを引いておいてもよいでしょう。
  • 水彩絵の具や食紅などの着色料

色水の作り方

食紅を使う

まだ年齢が低いお子さんや口に入ってしまうのが心配な方は食紅を使用したほうが安全だと思います。
三原色の青、黄、赤を使用してください。
食紅は少量でかなり色が出ますので気を付けてください。

絵の具を使う

これは手ごろに揃えられますし、もちろん家に残っている少量の絵の具でも大丈夫です。
色が出ればカラカラになったものでも水で溶かせれば遊べます。
ただし絵の具も少量ずつ溶かしていってください。
*ペットボトルに作る場合は絵の具を容器の中に入れにくいと思いますので蓋の裏に少量の絵の具を付けて水の入ったペットボトルの蓋を閉めて振ってみてください。
(お子さんにやってもらうと喜ぶと思います。)

遊び方

色水を混ぜ合わせて色の変化を楽しむ

ペットボトルに色水を作った方はそのまま使うと大量に出てしまって遊びにくいと思いますのでプリンカップなどに分けて入れておくと微調整しやすいかと思います。

  1. 空の容器にまず好きな色を入れます。
  2. 違う色を選び、スプーンなどで少量ずつ加えてみましょう。


色の加える量によって色が変わることがわかると思います。
小学生の自由研究にするならスプーン何杯でどんな色になったかなど写真付きで記録するのも面白いと思います。
たかが色水遊びと思う方がいらっしゃったかもしれませんが、微妙なグラデーションがあるので研究し甲斐があると思います!!

発展の仕方

ここでは色水を作っただけではもったいない!
でもどうしたらいいのかという方に向けて少し提案させていただきます。

和紙、寒天遊び、小さい容器にいれてスパンコールを入れてシャカシャカ、スライム、
などがあると思います。
では年齢順に(小さい子順に)簡単にやり方などをお伝えします。

シャカシャカ


実際に液体を入れるのでシャカシャカ音はなりませんが小さいペットボトルのような容器に液体をいれ中にスパンコールやビーズを入れても綺麗かなと思います。

寒天遊び

少し固まらせるのに時間がかかりますが、自分の作った色でまた新しく遊べるのはいいですね。

材料

  • 粉末寒天4g
  • 色水500㎖
  • パットやタッパーなどの容器


作り方

  1. 色水を入れ粉末寒天を入れる。
  2. 鍋を火にかけ、煮立ったら容器に移してください。
  3. 常温で1時間ほど置くと固まります。


冷蔵庫に入れて冷やすとひんやりした感触で遊べると思います。

型を取ったり、手でぐしゃっと潰してみたり、ごっこ遊びに取り入れたりと遊び方は年齢によっても発展できるので1日楽しめると思います。
*衛生上遊んだ後は破棄してください。また遊ぶ時には新たに作り直してください。

スライム


材料

  • 水(色水でよい)100㏄
  • 洗濯のり100㏄
  • 水50㏄
  • ホウ砂5g
  • 割りばしなどの混ぜる物


作り方

  1. 容器に色水100㏄と洗濯のり100㏄を入れて混ぜる。
  2. 水50㏄にホウ砂5gを入れてよく混ぜる。
  3. ①に②を入れて練り合わせたら完成です。


数日は袋に入れて何回かは遊べるとは思いますが、夏場は冷蔵庫に入れておいた方がいいと思います。
ある程度したら処分してください。
材料は少ししか使わないので何度か買い足さないでも遊べるのでコスパがいいと思います。

和紙

和紙は書道をするときの書く紙ですね。ダイソーやセリアなどにも売っていますのでご家庭にない方は購入してみてください。
三角形に小さく折って、角に色水につけてみてください。紙が乾いた状態でやったり1回全部濡らしてからの方がきれいに滲むかなど実験してみてください。
折り方も様々ですので試してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?
上記でご紹介したのはほんの1部にはなると思いますが、十分お家で遊べる内容だったのではないでしょうか?
全部やるのは大変だと思うので年齢に合わせて発展させていただけたらなと思います。
子どもと一緒に親も楽しめる題材だと思うので長期休みなどに活用してみてください。

今日もお疲れさまでした。
これをやった自分を褒めてくださいね!結構大変なので

コメント

タイトルとURLをコピーしました