子育て費用の平均をしりたい!0歳~22歳までいくらかかる?

子育て

今回は見て見ぬふりは出来ないところでもある教育費について触れようと思います。
今回はあくまでも平均的な話なので、家族構成や住んでいる地域によってかなり変わると思いますので参考程度に見てもらえるといいかなと思います。

子育て費用の意味と重要性

子育て費用とは、子供を育てるために発生する経済的な支出のことをいいます。子育て費用は教育や健康、生活必需品など幅広い項目になっています。
これらの費用をきちんと管理することは、子供の健やかな成長と家計のバランスを保つために重要なことです。
子育て費用を計画的に見極め、家計を維持することで、子どもたちの生活の質を向上させることができます。

子育て費用の概要

まずは学費の一覧です。
あくまで平均なので参考資料程度に見てください

費用項目学費詳細
幼稚園1~3万円程度入園金、保育料、給食費、保育用品代など
小学校無料~数万円/年学費、学校行事の費用など
中学校無料~数万円/年学費、制服代、通学用品、学用具など
高校(公立)約40万~50万円学費、制服代、学校外活動費など
高校(私立)約80万円〜100万円学費、制服代、学校外活動費など
大学(公立)約253万円/年~学部により変動あり
大学(私立)約400万円以上~学部により変動あり

次はその他です。

項目平均金額
習い事3000円~1万円/月
1万~5万円/月
予備校10万円~20万円

地域によって様々だったり、最近では学費無償化になっていたりしていますので昔に比べると保証されているところも多いかもしれません。

食費と日用品の支出

下記グラフは、四人暮らしの家庭における食費と日用品の支出を割合で示したものです。 食費が全体の約 75%、日用品の支出が約 25%を占めていることが分かります。

支出項目平均金額(月)
食費約90,000円
日用品(生活必需品)約30,000円
食費と日用品の支出の割合(四人暮らし)

保険料と医療費の考慮

  • 生命保険
    家族の将来を考えて生命保険に加入することが一般的です。
  • 医療保険
    医療費の負担を軽減するために、医療保険に加入することがおすすめです。 家族の健康状態や希望する保障内容に合った保険を選びましょう。
  • 医療費の考慮
    子どもの場合自治体にもよりますが一回500円前後など上限額も決まっていますので自分の自治体がいくらなのかなど調べてみてください。子どもが小さいうちは沢山風邪を引きますからとても助かる制度です。
  • 健康診断
    定期的な健康診断や予防接種の費用を予算に組み込みましょう。 家族全員の健康を守るために必要です。
  • 通院費用
    病気や怪我の際の通院費用や薬代を見積もります。 緊急時にも余裕を持つようにしましょう。
  • 入院費用
    病気やケガで入院が必要な場合の費用を考慮します。 保険の内容や限度額を確認し、自己負担額を把握しておきましょう。

子育て費用を節約する方法

予算管理の重要性

  • 支出のコントロール
    予算管理をすることで、毎月の収入と支出を比較し、節約の余地があるかどうかを把握できます。無駄な出費を減らし、無理のない生活費を設定することができます。
  • 将来への備え
    子育てには様々な支出が伴いますが、予算管理を通じて将来の出費に備えることができます。子どもの教育資金や将来の貯金を計画的に積み立てることができます。
  • 家族全体での協力
    予算管理を家族全体で行うことで、家族の一体感が生まれます。予算を守るために家族みんなで協力し、節約や無駄遣いを防ぐことができます。

家計簿の付け方

収入と支出のリストを作成: まずは収入と支出のリストを作成しましょう。収入は給与や副収入など、支出は食費、光熱費、保険料などを含みます。

毎日・毎週・毎月の記録: 家計簿を毎日、毎週、毎月の頻度で記録していきます。支出がどこにどれだけ使われているかを把握するために重要です。

  • 現金とクレジットの管理
    現金支払いとクレジットカード支払いを正確に記録しましょう。クレジットカードの請求額を追いつかないと、支出が見えにくくなることがあります。
  • 月末の振り返りと分析
    月末に家計簿を振り返り、どのカテゴリでどれだけ支出があったかを分析しましょう。予算を守るために無駄遣いの癖を見つけることができます。

中古品やリサイクルショップの活用

私も活用していますが下着以外はよくリサイクルショップで子供服を買っています。
子どもはすぐサイズアウトしてしまうので子どもが大きくなれば自分で着たい服を選ばせたりします。
意外に良い質のものを選んできたりするので驚きます。
ブランド服が何百円とかで売っていたりするのを見つけるのが楽しいです。

複数子育ての場合の節約術

  • おさがりを賢く使う
    兄弟姉妹で使える共用品を選ぶことで、買い替えの回数を減らすことができます。ベビーカー、ベビーベッド、洋服などをシェアすることで、コストを抑えられます。
  • 自炊を心掛ける
    定期的に家庭で食事を作ることで外食費を減らしましょう。食材をまとめて調理し、冷凍保存しておくと、忙しい日でも手軽に食事を用意できます。

子育て費用を効果的に使うためのアドバイス

習い事の選択

私の周りでも習い事が毎日あるなんて人が多いですですし、最近のお母さんは教育熱心なお母さんが多い印象です。スイミング、ピアノ、塾などなど…

子どもの可能性や視野を広げたい才能を見出してあげたい…色んな親心から習い事をさせてあげたいという理由もあるでしょう。
一方で沢山の習い事の月謝に家計を圧迫されてパートに行っているというお母さんの話をよく聞きます。
私は低学年のうちは1,2個の習い事で十分です。

学校から帰ってきて宿題をして、学校での出来事を聞いて、ちょっとゆっくりしたらあっという間に夕食の時間です。
毎日なんらかの習い事に行っていたら親子の時間って取れているんでしょうか?
低学年のうちはコミュニケーションを大事にして習い事は一生懸命に続けられるものを1,2個選ぶのが良いです。

貯金や投資のスタートを考える

子どもが低学年の場合でお話ししますが複数の習い事にお金を掛けるよりは貯金や投資にお金をその分回して本当にしたいことが見つかったときに使う方が賢い使い方です。
投資などの詳しいことは書きませんが、早く始めるほうがいいと思いますので家族で相談してください。

未来のための準備

将来の教育資金の考え方と準備

  • 目標の設定
    まず、どの段階の教育費を準備するかを明確にします。幼稚園から大学までの段階ごとに目標額を設定しましょう。
  • 教育目標の理解
    子どもたちの進学や将来の夢を理解し、それに必要な費用を見積もります。大学進学や留学など、具体的な教育目標に合わせて資金を計画します。
  • 資金計画
    教育資金をどのように捻出するかを計画します。定期的な貯金、投資、奨学金、助成金などの選択肢を検討し、資金を確保する方法を決定します。
  • 投資の検討
    長期間の教育資金の準備には、資産運用を検討することも一つの方法です。投資信託や学資保険などを利用して資金を増やすことを考えます。

まとめ

皆さんここまでで学費や習い事のおおよそですが金額を提示したと思いますが、「お金がない」などと思われた方も多いのではないでしょうか?
私もなにを隠そうその一人です。
子どものためにと思うなら低学年のうちから明確なものがないのなら必要最低限の習い事やレジャー等を選択し、貯蓄しておくのが良いです。

我が家では習い事は一つにしています。その代わりではないですがワークショップやイベントに参加しています。

色んな可能性を見出したい!
色んな体験をさせてあげたい!
など親心はわかりますがお金は無限にありません。
習い事をさせすぎて家計を圧迫し、共働きの結果ギスギスした家庭になったら元も子もないと思っています。

未来のお金の心配はありますが、何よりわが子が笑顔でいられる方法を考えていきたいですね。
今日も最後まで読んでくださりありがとうございました!



コメント

タイトルとURLをコピーしました