子育てがしんどいと感じる二点の分析と私なりのストレス対処法

子育て

皆さん日々の子育てや家事諸々本当にお疲れ様です。 私も二児の子育て真っ只中の専業主婦なので実際の子育て体験から感じたことをまとめていきます

私の言うことを全然聞いてくれない

「魔の二歳児」「悪魔の三歳児」と言われる年齢で皆さんのイライラも溜まっているのではないでしょうか?

もれなく私もその一人です。

ここを乗り切ったら楽になるし、いい思い出になるなどと言われます。

たしかに上の子を見ていればそうだなと感じることは多々ありますが、今しんどいのでどうにかいい方法は無いかと模索しますよね?

しかも、私の場合は上の子はあまり「イヤイヤ期」というものが無かったので余計に「なんで?」と比べてしまって余計にイライラしてしまう負のループ中です。

ですが子どもにも意思が大人並みに持っています。
親がやって欲しい事と子どもがやりたいことが違うので反発します。

例と対処法

着替えるよ~

お絵描きをやり続けたい‼‼‼

というやり取りは日常茶飯事だと思います。
このような時は三歳児ぐらいならば目的を伝えるのも一つかな思います。

親:なんで着替えなければいけないか
  ・幼稚園に行くため
  ・公園や買い物に行くため などを伝える
      
そこで子どもが納得して着替え始めればよいですが、着替えなければこの1ページ塗り終わったら着替えようと伝えたり、少し時間を置いてからまた伝えてみるのもいいかもしれません。

ずっと同じこと(着替えのこと)ばかり言われると嫌になってしまうのは大人も同じだと思います。

私も冷静になったときに自分が同じことを言われたらどう思うか、幼少期はどのように感じていたかなど考えるようにしています

とはいえ、言うことを聞かせるのは親と子の根気比べだと日々感じています(;^ω^)
押してみたり、引いてみたり…イライラしますが一緒に頑張りましょう‼

ごはんを食べてくれない(偏食)

地味にイライラポイントかもしれない子どもの“食べない”です 下の子の偏食が凄すぎて毎日献立を考えるのが憂鬱です

食べないもの

魚、白米(混ぜご飯も)、野菜(人参・玉ねぎ・時々キャベツ以外)、豆腐諸々

食べるもの

からあげ、お稲荷さんのあげ、焼きそば、ハヤシライス、生姜焼き、うどん、ラーメンなど

食べられるものを数えるほうが早いかもと思えるぐらい食べられるものが少ないので大変です。

前回は食べたのに今回は食べないなんてしょっちゅで、めちゃくちゃ頑固で絶対に食べません。お腹が空いていても食べない感じです。

生協のつくねやからあげ、ハンバーグなら食べるので常備しています(笑)
私の作ったハンバーグは食べてくれません。

周りから言われる「子どもだったら食べるのに…」は結構しんどくなるワードで地味にダメージをくらいます。

下の子はケチャップなどのドレッシングやふりかけ(キャラのふりかけ以外)受け付けないからです。

しかも相手は色々考えてくれてのこの言葉なので嫌味などでは全然ないのですが、「子どもだったら…」の試みは全て子供に否定されているので打つ手なし
スルーするしかないのですけど…

そんなかんじで日々を過ごしてやっと二年ぐらいたって「栄養もそこそこでいい」と心から諦められるようになってきたところです。

対処法と注意点

対処法

  • 生協のからあげやつくねなどレンジで簡単に取り入れられるものを常備しておく
  •  バランスよく食事をさせることを諦める
  •  とりあえず食べられるものを食べさせる

注意点

  • お菓子ばかりにならないようにする
    (果物に変えるorお菓子は少量にする)
  • 食べないから出さないということをしない
    (目には触れさせ、一言は促していく)

今は食べなくても食べるようになる‼
を信じて日々過ごしています

幼稚園の先生方のお力もお借りして苦手なものを食べられたときはめちゃくちゃ褒める!を日々実践してみてください‼

私のストレス発散方法

さあ最後はストレス発散方法です
私が日頃から定期的にしている方法を簡単にお伝えします!

  • カラオケでカラオケで二時間歌い続ける
  • 実母に育児を委ねる→育児のサポート的な感覚
  • 夫の実家に遊びに行ってもらう。半日程度一人の時間を持つ
  • 友達と喋る&会いに行く→愚痴を聞いてもらう

上記のリストの中で一番発散するのがカラオケでした
二時間がベストでそれ以上歌うとしんどくなってきました。

長くなりましたが、育児をするのも息抜きするのも周りの人の助けを借りながらやっていきましょう‼

今日一日頑張った自分を褒めましょう‼ それでは次のブログで会いましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました